児童発達支援管理責任者とは

放課後等デイサービスなどへのニーズは様々ですから、中には預かってほしいだけの利用者もいることでしょう。そのような場合、障害者総合支援法の規定により、日中一時支援、医療型短期入所といった選択肢を挙げることができます。そのような施設だからといって充実していないわけでもなく、最近では敷地内に遊び場がたくさん設けられていることもあります。屋外で羽を伸ばして遊ぶことが難しくなっている現代において、こうした場所に対するニーズは高まっています。例えばログハウスやツリーハウス、水場が設置されているだけで、子どもたちは大変喜びますし、身体感覚を養うこともできます。またアウトドアクッキングやクラフト等のカリキュラムをこなすことで、好奇心や冒険心を醸成することもできるでしょう。こうしたプログラムの目的ははっきりしており、精神を安定させたり、自己肯定感を増したりするためなのです。

さて事業所を営む上で、1名以上配置しなければならないのが、児童発達支援管理責任者です。専任であることはもちろん、常勤であることも求められます。ただ例外も設けられており、いわゆる多機能型事業所になれば条件が異なります。簡単に言えば兼務が認められるのです。但し、専用の養成研修は受けなければならないので、ハードルが低いわけではありません。こうした専門家を専任で、かつ常勤で雇い入れなければならない理由はどこにあるのでしょうか。一つには、アセスメントを実施したり、個別支援計画を作成したり、モニタリングを行ったりしなければならないからです。二つには、学校や家庭といった関係機関と密に連絡を取り合い、専門家として調整する必要があるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です