児童発達支援管理責任者の必要性

施設に雇い入れを義務付けている児童発達支援管理責任者ですが、彼らの需要は何故あるのでしょうか。彼らは支援のクオリティを上げることのできる専門家です。スタッフを指導することもできますし、時には臨機応変に、子ども、家族と相談し、必要な援助をすることもできます。それは開所時間帯に限らず、通常業務の枠を超えて行われることもあります。

但し間違えてはならないことがあり、彼らは保育士やその他の指導員とは、求められる役割が異なるということです。利用者を直接支援するのはあくまで指導下のスタッフであり、管理責任者の仕事は支援計画に基づく関連業務を、各種関係機関と連携させることにあります。ですから例えば、子どもの世話に忙しくて、関係機関との打ち合わせに出席できない等の事態が起こってはならないのです。この児童発達支援管理責任者を、経営者自身が兼務することは差し支えありません。但し、業務に支障が無いように取り計らうことは求められます。

では指導下のスタッフの要件とは何でしょうか。通常、「指導員、又は保育士」との文言で定められています。ですが、指導員の資格要件として具体的なものが挙げられているわけではありません。つまり、指導員が何の資格を持たずとも、事業を展開することは可能だということです。ただ児童発達支援センターは事情が異なります。保育士も児童指導員も一名以上、雇い入れなければなりません。放課後等デイサービスの支援のクオリティが、そうしたセンターに比べて低くなるのではないかと、心配されているのが現状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です