「発達障害」のこどもたちの長所

「発達障害」の子どもたちが、日々感じている不自由さなどを語る書籍などを目にする中で、様々な気づきがみつかりました。「発達障害」をもつ子どもたちは、同じ年代の子どもたちから比較すると、学習するスピードが遅かったり、周囲や環境の認識する力が弱かったりする事で、様々な社会環境に順応する事柄が困難な事があるようです。具体的に、「発達障害」をもつ子どもたちが、学校などの集団生活の中で直面する問題の例をあげてみましょう。●先生の話を聞く事ができない●計算問題の意味が分からない●落ち着きがなく、授業中でも歩き回ってしまう●行動や物事に、強いこだわりをもつ●他のクラスメイトが取り組む活動に参加しようとしない●時々、パニックを起こしたように暴れる  など、「発達障害」をもつ子どもたちの特徴には、それぞれの子どもたちによって、様子の異なりがあります。それらの特徴を基に、「発達障害」は、はタイプ別に分類されています。■自閉症■アスペルガー症候群■ADHD(多動性症候群・注意欠如)■LD(学習障害) などの特徴のタイプ別の分類が行われています。学校などにおける集団行動の中で、「発達障害」をもつ子どもたちの問題行動が、問題視され公で取り上げられる事もありますが、そのような事柄は、彼らの特徴のある行動のクセや、こだわりなどからくる事が多いようです。学習面などにおいても、他の同年代の子どもたちから比較すると、計算方法が身につかなかったり、漢字の読み書きが出来づらかったり、新しい物事を学んでいく速度や飲み込みが極端に遅れをとったりする事もあるようです。「発達障害」をもつ子どもたちの問題点を、誰しもがもっている「苦手なこと」として表現する事で、その問題行動への考え方が大きく違ってみえた事がありました。また、「苦手なこと」と対比する「得意なこと」を、「発達障害」の子どもたちの行動の中からみつける事が、特に重要とされているようなのです。これは、ビジネスの場での対人関係の中でも活かされる考え方であって、人と人が接する中で、必要不可欠な事柄なのではないかと感じました。お互いの「長所」「短所」を受け入れ、「長所」を活かす関係である事は、何かと対人関係をスムーズな方向に導いてくれる事が多いです。「発達障害」をもつ子どもたちは、苦手分野の事柄に対して、怠けている訳でも、努力を怠っている訳でもなく、「脳の発達に関する障害」によって、行動や能力が、均等ではないのです。周囲からみていると、「出来ること」「出来ないこと」に大きな隔たりが出来てしまう事から、「発達障害」の特徴が、よく理解されない環境の中では、偏見や差別的な目でみられる事もあるようなのですが、彼らの「苦手なこと」は、苦手なままでも良いのだと、その特徴自体を肯定的にみる人々もいます。そのような考え方の中で、人と人の存在的な意味合いを考えてみると、自分には出来ない事は多いけれど、出来る事を頑張れば良いのだという観点に辿り着きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です