言葉が不自由なこどもたち

言葉に関して何かしらの不自由さをもっている子どもたちには、様々な分類がされています。■吃音(きつおん)・どもり■失語症(しつごしょう)■構音障害(こうおんしょうがい)■口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)■視聴覚障害■発達障害  など、言葉がうまく話せなかったり、発音できなかったりする子どもには、様々な理由あがるとされています。「構音障害(こうおんしょうがい)」は、「舌」の働きが悪い事で言葉が話しづらい症状です。成長とともに、口の開け方や舌の動かし方などを訓練する事で少しずつ回復していきます。「口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)」は、生まれてくる前の母親のお腹の中で、口と鼻の部分の細胞分裂に何かしらの問題があると起ります。成長に合わせて、手術を繰り返す事で、徐々に回復していきます。珍しい事柄ではなく、400~500人に1人に起こり得るものなのだそうです。「視聴覚障害」は、耳の聞き取りに問題があると起ります。子どもの成長期に、周囲の人々の行動を真似る際に、どのような声で人が話しているのかが、実際に感覚として得られないので、言葉を話す為の感覚が身に付きにくくなります。特殊な訓練や、補聴器などのサポートで、言葉が回復する事もあります。場合によっては、手術により聴覚が回復するケースもあります。言葉の表現には、手話や筆記などがあり、コミュニケーション方法は1つに限られた事ではありません。「発達障害」両親や周囲の人々が、話かけても無反応な子どもたちがいます。「聞く」働きをする「脳」の部分に、何かしらの「障害」があると、言葉を単なる「音」だと感じてしまう子どもたちがいるのです。成長ともに、「話す事」、「会話」が「コミュニケーション」なのだという事をゆっくり学んでいく事で回復をみせます。

発達障害の講座ではこうしたにも着目して講座を開いているところもあるようです。

ぜひご自身や発達障害を支えるご家族の方は、自分たちに合っている講座を探してみてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です