目線を合わせる

子供が所謂「普通の子と違う」といった行動をとっているのを目にしてしまうと、つい不安になって診断を受けた方がいいかもしれないと考えてしまう親御さんは少なくないのではないでしょうか。しかし、それはもしかしたら子供を傷つけてしまうことに繋がりかねないのではないでしょうか。もちろん診断を受け、発達障害などと言うことが認識されることにより、周囲が「子供が努力しようとしないからだ」とか「親の躾が悪い」といったようなことは言われなくなるでしょう。しかし、それ以外にメリットと言われることはほとんどないのではないでしょうか。大切なのは、そういった診断書ではなく、そういった特性を持った子を理解すると言うことなのではないでしょうか。普通ではない行動や、それによる周りの目といったものに左右されず、その行動がどのようにして起きているのかといったことを考えることが大切と言えるのではないでしょうか。「じっとしていられない」と言う行動ひとつにしても、子供によってその理由は様々と言えるでしょう。つまり、その子供によって対処すべき方法というのは変わってくると言えるのではないでしょうか。子供の思考回路を理解するためには、まず「その子の目線」に自分の目線を合わせていくことが重要でしょう。その上で、改善策を練っていくことが、子供にとっても自分にとっても気持ちの良い生活に繋がっていくと言えるでしょう。子供の行動を制限するのではなく、自身も体験してみて考えるということが成長へのカギと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です