障害と職場環境

発達障害の「特性」が見られる人において、働きやすい職場環境とはどのような環境でありますでしょうか?発達障害を持つ人々が、就職を試みるにあたって、「一般枠」と「障害者枠」の選択を迫られることがあるようです。「一般枠」と「障害者枠」に関しては、それぞれに、メリットやデメリットがありますが、何よりも本人にとって、働きやすい職場を選択する事が大切であります。何よりも、本人の発達障害の「特性」を理解してもらえる職場を見極めましょう。発達障害を持つ人々の「特性」としてみられる事柄には、「パニック」や「こだわりの行動」などがありますが、このような個々の「特性」に対して、周囲の人々が分かりやすく理解できるようにし本人から意思表示することも大切です。どんなことが苦手で、どんなことに対して得意分野があるのかというような事柄を理解しておくことも大切であります。「発達障害」に関する「特性」に対して、職場の人々が、共通の認識もてることは、お互いに職場環境の衛生を保つ上でも大切なことであります。「特例子会社」は、ハンディキャップをもつ人々が、働きやすいような職場環境づくりを行い、一定の条件を満たしたような会社を示しています。「特例子会社」は、厚生労働省が認可しているようです。障害者達に対して、正しい理解があり、また、障害をも人々に関する雇用の経験が豊富にあることから、多くの職場環境の中で多くの障害者たちが生き生きと働く姿が見られるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です