発達障害の気付き

発達障害が起こる原因や、そのメカニズムについては、たしかなことは、現在のところ判明はしていないようです。遺伝子レベルでの問題であるというようなことを述べる研究者もいれば、子供の成長過程における脳の成長に対して、何かしらの障害が影響していると考える研究者もいるようです。

発達障害は、生まれてすぐの赤ちゃんには、その症状が目だって分かることが少ないのですが、多くの場合、手のかからない良い子、もしくは泣きっぱなしの子というような極端な反応を見せる赤ちゃんの事例が報告されているようです。その多くの場合、その特性は2歳から3歳頃などの言葉を喋り、ある程度のコミュニケーションを身につける時期に現れてくるようです。

また、発達障害の程度が軽い場合、子供たちの成長過程では、家族などにも、その特性に気づくことがなく、成人した後に、様々な日常生活の問題として現れることもあるようです。幼児期の子どもたちの発達障害の特性としては、共感を示さない、また、言葉の発達の遅れなどが特徴として見られることがあるようです。両親や家族が話しかけても、目を合わせなかったり、名前を呼んでも呼びかけに反応しないと言ったような傾向が多く見られているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です