「発達障害」子供たちのお手伝い

発達障害を持つ子供たちは、周囲の人々の感覚や感情を、読み取ることが苦手であり、社会的なコミュニケーションをとることが、困難であるなどと考えられていま。そのような子供達に、社会性の持った行動力や、考え方を身につけさせるためには、「人々が喜ぶような行い」をすることなどを、常日頃から心掛けさせる、身につけさせることが大切です。周囲の人にとって喜ばれる行動を行うということは、「本人にとっても、プラスであるのだ」というような観念を植え付けることです。 人々とコミュニケーションをとる中で、相手が嫌がること、また、相手から嫌われてしまうような行動を行うことは、発達障害を持つ子供達にとっても、その他の人々にとってもメリットにはなりません。ですから、社会的なコミュニケーションを学ぶためには、周囲の人々を喜ばせる事柄らを、1つ1つ、一緒に行動として起こしていくことが大切でしょう。例えば、家庭の中でも、日常的にお手伝いのできる子供というのは、周囲の手助けを行うことで、喜ばれる行動の1つとなります。お料理が好きな子は、お料理のお手伝いを、お掃除の好きな子供は、お掃除のお手伝いを。また、植物を育てる事が好きであったり、動物を世話することが好きな子供達は・・・、といったような形で、家庭の中でお手伝いを学ぶことによって、社会的な関係性を築く大切な基盤を身につけていくでしょう。発達障害を持つ子供達が成人を迎え、社会で生活していく中で、周囲の人々とのコミュニケーションをとることが、困難になってしまう子供達もいるようですですが、周囲が喜ぶような行動を常に行えるような、そんな習慣が身についていることは、彼らが社会的コミュニケーションの壁にぶち当たった時に、大きな助けとなるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です