大人はどう対応したらいい?

まさか病院にいるおじいちゃんに対して、T君が生死の事を質問とは思いもよらなかったお母さん。T君は日頃から、周りの状況・雰囲気に関係なく、よく質問をする傾向があります。こういったケースも少なくないでしょう。こういう場合は、T君が質問しそうな事をあらかじめ予測し、場面にあった行動ができるようにT君と事前に約束しておくと、慌てる事なく過ごせるでしょう。加えてポイントが3つ。1つ目に、「何のために病院へ行くのか、目的を確認」する事です。どこかに出かける・何かをする場合、その目的を子どもと大人の間ではっきりと言葉にして確認しましょう。今回の場合だと、「病気で元気のないおじいちゃんを励ましに病院へお見舞いに行く」という事を伝える必要がありますね。お見舞いが、自分の話ばかりするのではなくて、おじいちゃんの話を聞いたりお世話をしに行く事というのも伝えましょう。続いて2つ目、「その場では口にして言ってはダメな事の確認」です。入院している人は一生懸命に治療をしています。だから、「死ぬ」「生きる」という言葉は言ってはいけない事だと事前に約束しましょう。そして3つ目、「子どもが関心を持っていて1人で遊べるものを持参する事」です。お見舞いが長時間の滞在になる場合・子ども抜きで大人同士の話をしなければならない場合には、子どもが周りの人に迷惑をかけないようにあんz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です