「発達障害」自立支援

発達障害を持った子供たちが、将来の自立に向けて、社会的なルールや、マナーを身につける ことは、とても大切な事柄であります。発達障害を持つ子どもたちの「特性」として、対人的な関係を、うまく築く事が苦手であったり、困難な事柄であることが多いようです。周囲の人々が、嫌がることを、ストレートに言葉で伝えてしまったり、人々が嫌がるような行動を行ってしまうことが、見られるようなのです。また、発達障害を持つ人々の「特性」として、人との距離間を掴みづらい人々もいるようです。初対面であるにも関わらず、きちんとした挨拶をすることができなかったり、敬語を使うことができなかったり、目上の方であるにも関わらず、フランクに接してしまったりする中で、このような空気が読めない、場違いな態度をとってしまう事柄から、職場や学校環境などで、周囲の人々から「KY」などとレッテルを貼られてしまうようなこともあるようです。「発達障害」を持つ人々の「特性」として、相手の立場を読み取ることができなかったり、場の空気を読むことが苦手であったりすることが、将来的に自立や自覚を促すために、子供達には、日常的に生活のリズムを保つ訓練を行ったり、社会的なルールやマナーを身につけさせることを念頭におかなくてはならないポイントでもあります。「発達障害」の「特性」は、脳機能の一部などにおける、「障害」であるのですから、否定的な形で、一方的に感情をともなって叱ってしまったり、注意をするは避けましょう。子供たちの自立や自活を促すのであれば、本人たちの「長所」や「出来ること」を1つ1つ積み上げる中から、社会的な生活を営むためのスキルをつけさせることが大切です。発達障害を持つ子どもたちの「特性」として、1つの事に、こだわってしまう「こだわりの行動」などにおいては、興味のあることを飲まず食わずで、継続させてしまったり、宿題や課題があるにも関わらず、ゲームやインターネットなどに、夢中になってしまうような行動が見受けられることもあるようです。私生活とは違い、社会生活の中では、周囲との調和やリズム、ルールやマナーを保つことも大切なことです。決められた時間に、決められた事を行うというような訓練を、少しずつ身に付けていくことなども大切です。また、言われたからやるのではなく、本人たちが意志を持って、自立する形で行動を開始する事が重要です。さらには、発達障害を持つ子供たちは、「お金の管理」や「スケジュール管理」が苦手であるなどと言われています。日頃からそのような訓練を行っておくことも大切ですね。社会人の生活は、臨機応変に対応しなくてはならなかったり、規則な生活が続くこともあります。何よりも本人たちの健康を維持しながら、生活を営んでいくことが大切であるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です