赤ちゃんの発達障害の兆候

発達障害を持っている赤ちゃんには、様々な「特性」が現れるといいますが、実際には生まれたばかりの赤ちゃんなどには、そのような「特性」が現れていたとしても、なかなか見分けがつかないなどと言われています。その中でも、「特性の兆候」などと言われている項目をいくつかあげていきましょう。●夜泣きをほとんどしない●目を合わさない●こちらからの語りかけに反応しない●笑わない●抱っこを嫌う●一人にされても戸惑わない●名前に反応しない●母親を後追いしない●手がかからない●オムツの汚れに反応しない 発達障害の兆候のある赤ちゃんは、 一見手のかからない、とてもおとなしい子であることもあります。一概には述べることはできませんが、これまでの研究やデータの収集の結果、両親の語りかけに反応しない子であったり、周囲のざわつきや、環境の変化などに動じない子であったりすることもあるようです。生まれたばかりの赤ん坊の発達障害の「特性」を見分けるには「専門家の目から見てもうなかなか見分けがつかないなどと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です