発達障害をもつ子供たちとともに

発達障害は様々な分類の仕方があるのですが、そのように分類された症状が、併存しているケースもありますので、発達障害と一言で述べましても、様々な種類があり、それぞれの人々に「個性」があるように、それぞれの子供たちに「特性」があるものなのです。発達障害の特性などには、男の子に多く見られるといった印象があるようですが、実際には、男女の差は特にはみられないようです。ですが、その特性の現れ方が、男女によって傾向があることは確かなようです。発達障害を持つ子どもたちは、その将来への心配などが、ご家族の中でもたれるとは思われますが、発達障害は、問題などではなく、人との違いであることが、まずは、基本的な認識でありますから、子供たちが、それぞれの「特性」や「個性」を活かせる環境に巡り合えることが、何よりも大切であるのではないでしょうか。最近では、様々な発達障害を支援する団体などの活動が見られています。正しい認識のもとで、サポートを受けながら、多くの人々が、社会的な生活を営んでいるのです。発達障害を持っているからといって、自立した生活を送れないというわけではありませんので、将来的な心配をもつ中でも、希望を持っていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です