睡眠時無呼吸症候群を知ってるけど、それによる健康へのリスクがどのようなものか分からないという方はたくさんいます。この文章では、睡眠時無呼吸症候群による体への悪影響を解説していきます。

睡眠時無呼吸症候群になると、気道が狭くなり、息苦しくなり、夜中に何度も起きてしまいます。そのため、日中はずっと眠気に襲われてしまい、何事にも集中できなくなってしまいます。

しかし、それ以上に健康へのリスクがあるのです。
気道が狭くなるということは、脳などに送られる空気が少なくなり、心臓や血管や脳に非常に負担がかかります。

その結果、高血圧や脳卒中などの病気になる可能性が高くなると考えられています。睡眠は体の休息のためにとるものですが、睡眠時無呼吸症候群になると逆に睡眠をすることで、健康に悪影響を及ぼすことになるのです。

睡眠時無呼吸症候群は主に肥満によって発生しますが、痩せている方でも顎が小さい人は気道がふさがれやすく、睡眠時無呼吸症候群になりやすいと言われています。できるだけ気をつけましょう。

虫歯の治療で歯を削った際、削った部分を埋める治療を行います。この歯の詰め物には色々な材料が使われますが、最近注目されているのがオールセラミックです。この文章では、オールセラミックの種類と特徴について解説していきます。
オールセラミックは、グラスファイバーの繊維を何度も重ねたもので、金属を使っていないため、金属アレルギーの心配はありません。また、経年劣化がほとんど起きないため、何年も安心して使うことができます。
セラミックにも色々な種類があり、歯の治療でよく使われる、非常に高い強度があるのはジルコニアと呼ばれています。しかし、ジルコニアは強度が高いのですが、色があまり良くなく、天然の歯のような透明感を出すのは難しいです。ですから、天然の歯のように見せたい場合は、ポーセレンというセラミックを使います。多くの場合、ジルコニアとポーセレンを併用するのですが、それでは強度が足りない場合は、全てジルコニアで作ります。これをオールジルコニアクラウンと呼びます。また、虫歯を削った時に、その部分を埋める時によく使われるものがEMAXです。強度がそれなりに高く、天然の歯のような見た目であるためよく使われますが、ジルコニアよりは強度が低いため、長いブリッジや奥歯のクラウンには用いられません。
治療にあったセラミックを選ぶことが重要です。

毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、どうしても磨き残しがあるという方は多いです。そんな悩みを解決してくれるのが「ワンタフトブラシ」です。このワンタフトブラシとは、普通の歯ブラシよりも小さな歯ブラシとなっており、歯垢が残りやすい部位にブラシが当てやすく歯を丁寧に1本ずつ磨くために適している特徴があります。ワンタフトブラシでブラッシングするのにおすすめ箇所が、歯と歯の間や歯ぐきの境目や前歯の裏側、歯並びのよくない部分であり、フロスが苦手という方もこのブラシを使えば磨き残しをなくすることができます。

使い方は普段使用している歯ブラシでしっかり磨いた後、鉛筆を使用する時のように持ち歯を1本ずつゴシゴシ擦らずに細かく振動させながら磨いて、最後にゆすげば完了です。

歯ぎしりとは寝ている間や起きている間でも無意識に強い力で歯と歯をすり合わせることです。強い歯ぎしりの場合だとギリギリといった音を伴うこともあります。誰にでも見られる現象で、健康な方でも疲れている場合などは、睡眠中一晩に1回10分程度歯ぎしりをしているのです。しかし歯ぎしりが常習化しているケースでは、毎晩のように長時間歯ぎしりをするので身体にさまざまな悪影響を及ぼすようになります。常に強い力が歯にかかることで、歯が欠けたり割れたりすることがあります。また歯だけではなく歯茎にも負荷をかけることになるので、歯周病を悪化させるリスクが高くなります。顎関節症を引き起こすこともあるので常習化している場合には、マウスピースなどを使用して改善する必要があります。

電動歯ブラシのサブスクとは、定期購入で毎月利用できるサービスのことをいいます。電動歯ブラシの本体とその替えブラシが自宅に届けられ、それ以降は替えの歯ブラシのみが届くので自分で買い換える必要はありません。通常は替えブラシを自分で買う必要がありますから、その手間を省くことができる便利なサービスといえるでしょう。

用意されている歯ブラシの種類はいくつかあり、音波による高速振動で歯周ポケットのような細い隙間もきれいにできる音波式や、歯の表面に付着した汚れを手軽に落とすことができる回転式などから選ぶことができます。

いわゆる有名なメーカー製の電動歯ブラシは用意されていませんが、本体を購入する場合に比べて料金が安いので、コストパフォーマンス的にも優れているサービスです。

食後に歯を磨く人は多いでしょうが、歯ブラシの持ち方にまで気を配っているという人はどれくらいいるでしょう。

歯の磨き方や歯ブラシについてはこだわりがある人も、持ち方については案外無頓着かもしれません。正しい持ち方をしていないと余計な力が加わり、歯の表面だけでなく歯茎にもダメージを与えてしまいますし、きちんと汚れを落としきれないこともあります。

鉛筆を持つように、あるいは、手の平で握るように歯ブラシを持つのが正しい方法です。急いでいる場合などは特に無意識に力が入りやすいため、日頃からきちんと身に付けておくことが大切です。

正しく磨くことで力が入り過ぎるのを防ぎ、歯垢を除去するだけでなく口内トラブルの予防にもつながります。

例として、Aさんという人の症例を見ます。Aさんは顎・首・肩等の筋肉の緊張感・重苦しさ・痛みを覚えたり、時には頭痛のような症状を伴ったとのこと。こういった例も少なくないのです。10代後半から20代にかけて女性に比較的多くみられるというのもまた特徴的だと言えます。

Aさんが行っている治療としては薬剤の服用と、筋肉をほぐして血流の改善・緊張緩和をはかった理学療法です。他にも、ずれてしまった関節円板を元に戻すような運動を行ったり・顎周りの筋肉のストレッチなどの運動療法をはじめ、マウスピースを用いたスプリント療法・歯ぎしりの原因となるストレスなどを取り除く為の心身医学療法など様々なアプローチが可能です。

歯科は虫歯や歯周病を治療する一般歯科だけではなく、歯並びを綺麗にする矯正治療・ホワイトニングのように口元をきれいに見せる目的の審美歯科・人工歯を埋め込むインプラントなども歯科の領域になります。口腔内の腫瘍や親知らずの抜歯などが口腔外科で治療がおこなわれます。一般歯科の場合には健康保険が適応になるので、決められた割合の負担で済みますが、矯正治療や審美・インプラントなどは自由診療になります。自由診療とは医療機関が自由に価格を設定することができるので、同じ施術でも歯医者によって価格にばらつきがあります。自由診療は自費になる分、健康保険適応ではおこなうことができない高度な技術で精密な治療をうけることができる点が魅力になります。

腰痛や末端冷え性や肩こりが悪化したり下半身がむくんで痩せにくくなったり眼精疲労や緊張型頭痛に見舞われたりなど、血行不良に伴う不調で悩んでいる方は多いのではないでしょうか。その不調は、歯並びの悪さからくる骨盤の歪みかもしれません。受け口で咀嚼が上手く出来なかったり変な噛み癖で顎がズレたりすることが骨盤の歪みへと発展し、それが不調の原因になるという仕組みです。不調を改善させるためには歯並び・歯列の乱れという根本原因を取り除かなければなりませんので、早めに歯医者さんで治してもらいましょう。歯医者さんには診療科目というものがあります。歯並びを整えることを目的としている場合は、矯正歯科診療を専門的に行っている歯医者さんを選ぶべきです。

子どもたちは幼児期に口にしたお食事によって咀嚼することを学習するとともに、スプーン、箸、フォークなどを使ってお食事をする方法を学んでいくのだそうです。お食事のメニューの内容によっては、咀嚼する回数や食べやすい食べ物の大きさ、使用する道具など、さまざまな観点から食べ方の発達がみられるのだそうです。歯が生えていないころのお食事方法と歯が少しずつ生え始めたころのお食事方法は、少しづつ変化がみられるようになり手づかみ食べからスプーン、箸、フォークを使えるように、さまざまな身体機能を駆使して日々学習していると考えられているようです。幼児期の子どもたちが、口から食べたものを吐き出すしぐさがみられるのは、一度に入れる食べ物の量を調節することを学んでいるとされているようです。日本人における乳歯の生える時期は平均として8ヶ月から9か月と言われているようです。